FC2ブログ

【渡辺麻友】主演ドラマ「いつ雨」ファンと一緒にクランクアップ『もしかしたら将来、渡辺さんも…』

渡辺麻友、400人のファンとクランクアップ サプライズも<いつかこの雨がやむ日まで>

modelpressさんより


0cTxYi5ZRA1xvZZtRYgLafBtnBaANeMwh_NMcTl3zvE.jpg
同作は、15年前の不幸な出来事によって絶望に突き落された1人の女性を取り巻く、愛と罪と狂気を描くラブサスペンス。最後の撮影は、ミュージカル『ロミオとジュリエット』のシーンで、渡辺のファン400人がエキストラで出演。温かな雰囲気の中で行われた。

渡辺麻友が感謝伝える
渡辺は「まず、エキストラとして400人もの皆さんに参加していただいたことに感謝します。ありがとうございました」と撮影に協力したファンに感謝を伝え「『いつかこの雨がやむ日まで』のような内容の作品に出演するもの初めてですし、まさか最後に撮影するのがミュージカルの舞台の場面だなんて。気持ち的に、さらにひかりにリンクして演じられました。こういうスケジュールを組んでいただき、ありがたかったです」とコメント。

「いざ撮影が始まってしまうと、あっという間に終わりがきてしまい寂しいですね。ドラマの現場はいつもそう思います」と名残惜しい様子で「さらに今回は主演であり、演じる上で考えることもたくさんあったので、余計そう思います。達成感は大きいです」と充実感に満ち溢れている。

34iYhXApPweqxOGWRklwXBhKfAjMGcrNhdH8L5rqUsI.jpg

渡辺麻友のファンがエキストラとして出演
「ロミオとジュリエット」の撮影は、都内近郊の劇場を借りて行われた。最終回の最も大切なシーンのため、早朝から日が暮れるまでたっぷり時間をかけて収録。午前中は、ロミオとジュリエットが舞踏会で運命的に出会う場面の撮影で、第1話でも舞子(紺野まひる)主演で登場したが、最終回の“ロミジュリ”は、それをさらにバージョンアップさせたもの。舞台が大きくなり出演する人数も増え、より華麗に、よりダイナミックな演出となった。

渡辺のファンが到着すると、いよいよクライマックスの撮影へ。集まったのは400人で、観客役として出演。純白のドレスに身を包んだ渡辺が、舞台に現れると「オオッ!」と歓声が上がった。この劇中劇で注目なのがラストシーン。今回はこれまでにないエンディングに、観客役のファンもびっくりしていた。

FxT4gkDEHcCZ-RG6iAc61DnJYmFKRGAtj8K-UxZwHmk.jpg
堀井新太が渡辺麻友を労う
撮影が無事終了すると会場から大きな拍手が。渡辺は「温かいスタッフさん、キャストの皆さんに支えられ素晴らしい環境の中、演技について学ばせていただきました。ぜひ最終回まで見てくださいね」と挨拶した。

するとここでサプライズ。和也役の堀井新太が、撮影がないにもかかわらず花束を持って現れた。「和也としてぜひ、ひかりを労いたくて」という堀井に、渡辺も「和ちゃん優しい!」と感謝。渡辺のファンからも大きな拍手が送られていた。(modelpress編集部)

Ezxco3ZHtrRH1epE-3iz0ynrrKEA-RwBm8WV70OFiXs.jpg


https://mdpr.jp/news/detail/1794169



------------------

『いつかこの雨がやむ日まで』公式サイトより
ミュージカルシーンの振り付け・演出を担当している林希さんコメント抜粋

本作のミュージカルシーンの振り付け・演出を担当している林希さんに最終回の劇中劇について、こだわりを伺いました。
「もともと15年前のミュージカルシーンは、舞台の狭さを理解した上で、目一杯踊れるダンサーを揃えました。普段、ミュージカル畑、ダンス畑で仕事をしていますが、せっかくこうしてドラマの世界に呼んでいただいたので、ミュージカルの舞台の良さをスパイスとして加えたかったんです。私も自信を持ってお届けしました。監督さんを始め、現場の皆さんもよろこんでくださり、最後にもう一度、バージョンアップしたものを劇中劇として上演しましょう、と言っていただきうれしかったです」

さらに林さんにミュージカルを題材にした本作の感想、主演の渡辺さんの取り組みについて伺いました。
「この作品自体、基本はドラマであり、ミュージカルの場面も役者の皆さんが演じています。その中に本職のダンサーも加わっての “コラボレーション”はいいですね。キャストのみんなのダンスのクオリティーも撮影が始まった頃に比べ、さらにレベルアップしていました。舞台でのみんなの頑張りを見ていたら、泣きそうになりました(笑)。
ジュリエットを演じる渡辺さんをモニター越しに見ていたら、舞台『ミスサイゴン』の本田美奈子ちゃんのことがふと頭をよぎったんです。『もしかしたら将来、渡辺さんも…』と素敵な予感がしました
ひかりのようにミュージカルの舞台に立ちたいと思う人は、演技が好きっていうだけじゃなく、踊りも歌も好きな人。“エンターテインメント”が好きな人でしょうね。でも日本ではお芝居・ダンス・歌の三拍子揃った人がいないと長く言われてきました。そこからだんだんと状況が変わってきていて、若手に有望な人が出ています。この作品をご覧の若い皆さんの中にもミュージカルの世界を目指している人もいるでしょう。ぜひストイックに世界を目指してください。自分にも厳しく、また他人にも厳しく。そしてさらにミュージカルを愛してほしいです」

http://tokai-tv.com/itsuame/topics/07.html





コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索フォーム
Amazon検索
スケジュールカレンダー

予定表は完璧ではありません
記載漏れにお気づきの方は
コメント欄へご連絡くださいm(_ _)m
ブログランキング
まゆゆ応援@練習中は ブログランキングに参加しています
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
スポンサーサイト




渡辺麻友写真集
「知らないうちに」


デジタル美女図鑑
500円


Sweet1月号