FC2ブログ

【渡辺麻友】「4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主 徳川吉宗」出演キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

「4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主 徳川吉宗」(2019年2月8日午後7時~9時54分)

山本耕史が“暴れん坊将軍”の若き日を演じる!
640.jpg
京都・太秦の東映京都撮影所で会見

4K番組に出演するからブログでお肌のことを気にしていたのですね!納得d(^_^o)
あんな布石を置いていかはれるなんて、まゆちゃんやりおりますな笑


俳優の山本耕史が紀州藩主時代の若き徳川吉宗を演じるBS朝日「4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主 徳川吉宗」(2019年2月8日午後7時~9時54分)の制作が12月15日、明らかになった。

今年、放送40周年を迎えた松平健主演の「暴れん坊将軍」としてお馴染みである吉宗の若き日の活躍を描く。知られざる史実をモチーフに、“大岡越前”として知られる前の大岡忠相との友情をはじめ、殺陣あり、恋あり、お家騒動を巡るミステリーありという3時間のエンタテインメント時代劇。脚本は、第2回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞・読者賞受賞作「ビッグボーナス」や「相棒」シリーズの脚本を手がける長谷部幕臣王氏。11月に東映京都撮影所のほか、聖護院や大覚寺などでロケし、下旬にクランクアップした。

山本、渡辺大、渡辺麻友、宮崎美子の主要キャストがこのほど、京都・太秦の東映京都撮影所で会見。21歳の吉宗を演じた山本は「『暴れん坊将軍をやってください』と言われたら、断りました(笑)。今回は将軍になる前の話で、松平さんのものとは全く別物という解釈で、やらせていただいています。21歳という設定は、僕の実際の年(42歳)の半分で、ちょっと恥ずかしかったところがありますが、そこは時代劇のファンタジーです。ときには高潔に、ときには色っぽく、いろんな表情のあるドラマになっているんじゃないかなと思います」と話した。

渡辺大は「大岡越前」になる前の28歳の忠相役。「単独でも成り立つ大役なので、本当に恐れ多いと思いました。現在進行系でやっている『大岡越前』もあるので、ドキドキする部分もありました。時代劇では、(北大路)欣也さん、里見(浩太朗)さんをはじめ名だたる大先輩がいらっしゃいますが、先輩たちもこのくらいの年齢でやっていたことを考えると、そろそろ自分も責任感を背負っていかないと感じています」と意気込んだ。

これまでも共演経験のある山本と渡辺大。山本が「実際は大くんが年下なんですけども、違和感を感じませんでした」というと、渡辺大も「8歳年上の山本さんに(上から)言うのはくすぐったい部分もありましたが、アンバランスさは感じなかったです」と息ぴったりだった。

父と寺子屋を開くヒロイン・を演じた渡辺麻友は「皆様と出会っていく中で、市自身のある過去が明かされていきます。市は芯の強い女性として描かれているので、そういうところも表現できるように演じました」。江戸の飯屋の女将・つねを演じる宮崎は、「現代的な雰囲気もあって、自然な芝居が多いと感じたんですが、私が見てきた時代劇みたいな雰囲気で飯屋の女将をやってみました」と話す。

より鮮明な4K撮影では、かつらと肌の境目など気を遣う部分もあるが、「ロケも多く、空気感や季節感がより出ていると思うので、楽しみです」と山本。ただ、女優陣は画面映りを気にして、肌のお手入れに気をつかったよう。宮崎は「年齢がリアルに出るので、反対です(笑)。若い方はいいんですよ、そばで見てもツルツルですから」と冗談めかすと、渡辺麻友は「割と普段から気をつけてはいますが、今日はさらに2倍は気をつけました(笑)。寝る前に入念にパックしたり、スキンケアを頑張ったので、その成果が出ているといいなと思います」と話していた。

https://eiga.com/news/20181215/1/



関連記事

【まゆゆ】『名奉行!遠山の金四郎』おたねちゃんキャプチャ

kinsan (38)
kinsan (37)
kinsan (36)
kinsan (35)
kinsan (34)
kinsan (33)
kinsan (32)
kinsan (31)
kinsan (30)
kinsan (29)


客1  「おかめちゃん、飯だ!飯!」

おたね「おたねです」

客2  「朝っぱらから走り回って腹の虫が鳴りっぱなしなんだよ、おかめちゃん」

おたね「おたねです!」

ポンッ





kinsan (27)
kinsan (26)
kinsan (25)
kinsan (24)
kinsan (23)
kinsan (22)
kinsan (21)
kinsan (20)












kinsan (19)
kinsan (18)
kinsan (17)
kinsan (16)














kinsan (15)
kinsan (14)
kinsan (13)
kinsan (12)
kinsan (11)
kinsan (10)
kinsan (9)
kinsan (8)
kinsan (6)










kinsan (5)
kinsan (4)
kinsan (3)
kinsan (2)





関連記事

【まゆゆ】おかめの看板娘おたねちゃんちら見せ!動画

2017年9月25日(月)よる8:00から
ドラマ特別企画
名奉行!遠山の金四郎


otane (19)
otane (18)
otane (17)
otane (16)
otane (15)
otane (14)
otane (13)
otane (12)
otane (11)
otane (10)
otane (9)
otane (8)
otane (7)
otane (6)
otane (5)
otane (4)
otane (3)
otane (2)
otane (1)
bandicam 2017-09-23 16-09-04-631







あらすじ

 江戸の町は祭りを祝う人々の活気にあふれていた。老中・水野忠邦(菅原大吉)が発した倹約令によって開催が危ぶまれていたのだが、北町奉行の遠山金四郎(松岡昌宏)と南町奉行・矢口駿河守定則(白井滋郎)の進言によって実現し、人々の喜びもひとしおだった。その祭りの輪の真ん中にいる遊び人の金さんが金四郎その人であることは、遠山家内与力の東条八右衛門(中原丈雄)以外、金四郎の母・寿々(原田美枝子)さえも知らないことだった。金四郎の馴染みの居酒屋の主人・又五郎(平田満)と看板娘のおたね(渡辺麻友)は、気さくな金さんの人柄にぞっこんほれ込んでいる。
 その頃、江戸の町には鼠小僧を名乗る義賊が出没し、大名や豪商から盗んだ金を困窮している人々に与え、庶民に人気を博していた。
 そんなある日、金四郎と若年寄の樋口出雲守勘解由(北大路欣也)、勘定奉行の石部肥後守孫太夫(青山勝)ほか幕閣が水野に呼ばれ、矢口が急死したことを告げられる。南町奉行の後任には水野の意を汲んだ
鳥居耀蔵(加藤雅也)が就任することになった。その夜、金四郎は魚問屋の粂島屋忠右衛門(西田健)、役者の市村菊之丞(河合雪之丞)と再会し旧交を温めていた。若く血気盛んな頃の金四郎と人気上昇中の菊之丞の将来に期待して可愛がっていたのが、今では日本橋の魚河岸を仕切る粂島屋だった。
 その翌日、金四郎は粂島屋が花魁の朧月(実咲凜音)と心中したと聞く。分別のある粂島屋には考えられないことだ。粂島屋の妻・おそで(床嶋佳子)もありえないことだと話す。粂島屋は漁師や魚屋たちからの信頼が厚く、江戸城に納める魚の手配も取り仕切っていた。粂島屋がいなくなり、商売の不安を抱える者や、魚が手ごろな値段で買えなくなるのではないかと案じる庶民も出始めた。そんな中、魚河岸を日本橋から両国橋に移転するという話が突然持ち上がった。粂島屋の死後、存在感を増している三河屋(星田英利)が移転のため暗躍しているようだ。
 金四郎はかつて恋仲だった常磐津の師匠・おせん(稲森いずみ)から矢口は殺されたのではないかという噂を聞く。また、鼠小僧がその現場を見ていたとささやかれているという。さらに同心の小柴弦之介(神山智洋)も粂島屋の心中事件に疑問を呈し、粂島屋は殺されたのではないかと金四郎に話す。事件は魚河岸移転の黒幕につながっているのではないかと続ける小柴に、密かに内情を探るよう金四郎は命じる。

ひとこと

関連記事

【渡辺麻友】が時代劇「名奉行!遠山の金四郎」に出演決定!居酒屋の看板娘役

わーい!

10年ぶり桜吹雪!TOKIO・松岡、『金さん』“襲名”に「嘘だろ?」

 TOKIO・松岡昌宏(40)が9月25日放送のTBS系ドラマ特別企画「名奉行!遠山の金四郎」(後8・0)に主演することが28日、分かった。

 京都・太秦の東映京都撮影所で撮影中の松岡は、昭和から親しまれる時代劇のヒーロー、遠山の金さんを“襲名”するにあたり、代名詞である桜吹雪の入れ墨を初披露。10年ぶりにドラマで復活する金さんは、1月に死去した恩人の故松方弘樹さんや杉良太郎(73)ら大御所俳優が演じてきただけに「まさか自分に話がくるとは思わなくて“嘘だろ?”って…。どうやってオリジナルの松岡の遠山をやるか。諸先輩方の遺産を残しつつやるのが僕の使命」と宣言した。松岡は着物姿が映えるように、筋トレなどで4キロ増量して大役に挑んでいる。

 共演は北大路欣也(74)、稲森いずみ(45)、AKB48の渡辺麻友(23)、ジャニーズWESTの神山智洋(24)ら。

http://www.sanspo.com/geino/news/20170829/joh17082905040001-n1.html





9月25日(月)夜8時から放送の「ドラマ特別企画 『名奉行!遠山の金四郎』」(TBS系)で、松岡昌宏が遠山金四郎役で主演を務めることが決まった。TBSドラマに金四郎が登場するのは、1994年に放送された里見浩太朗主演の「江戸を斬るVIII」以来、約23年ぶり。

共演には稲森いずみ、加藤雅也、中原丈雄、神山智洋、渡辺麻友、平田満、原田美枝子、北大路欣也らが決定している。

ドラマの舞台は、天保年間の江戸。遊び人の金次と名乗り、正体を潜める北町奉行・金四郎(松岡)が庶民のため、江戸の悪事を痛快に裁く物語だ。

8月26日に東映京都撮影所にて、お白洲での裁きシーンの撮影が行われ、松岡演じる金四郎の桜吹雪の入れ墨がお披露目された。

今回の主演が決まった時の気持ちについて松岡は「誰もが知っている遠山金四郎役を僕が演じるとは夢にも思っていなかったので、ウソだろうというのが話を聞いての第一印象です。僕の時代劇デビューは、松岡弘樹さん主演の『大忠臣蔵』(1994年TBS系)です。16歳の時でした。この時たくさん勉強させていただきました。その松方さんが(金四郎を)演じられたことに何かご縁を感じます」と、感激した様子で語った。なお、松方は1988年から98年にかけて、「名奉行 遠山の金さん」(テレビ朝日系)ほかで金四郎を演じた。

今回の共演者については、「今回は北大路さんとの久しぶりの時代劇で、現場にいい緊張感がありうれしく思いました。所作などご指導いただき、勉強させていただいています。稲森さんとは時代劇では初共演です。現代劇では共演が多いので、二人の空気感はすぐにつかめて、いい金さんとおせん(稲森)の関係になれたと思います」と告白。

さらに、「撮影のため桜吹雪を背負った時、うれしくて久しぶりに写メを撮りました。この場面を番組の最大の山場だと考えて収録してきたので、撮影を終えてすがすがしい気持ちです」と、桜吹雪に対する特別な思い入れを明かした。

最後に「地上波での時代劇放送は少なくなっている昨今、3時間のドラマを放送できるのは大きなチャンスです」と語り、「こんなに面白い作品があるぞと皆さんにお知らせして、金さんを知らない若い世代にもご覧いただきたいですし、時代劇ファンの方々には懐かしくご覧いただきたいと思います」とアピール!

“松岡版”金四郎が悪人相手に桜吹雪を見せながら、どんなたんかを切って作品を盛り上げるのか注目だ。

https://thetv.jp/news/detail/119663/#




AKB48 TEAM Ogiブログより


2017.08.29
渡辺麻友、TBS「ドラマ特別企画 名奉行! 遠山の金四郎」に出演!

渡辺麻友、TBS「ドラマ特別企画 名奉行! 遠山の金四郎」に出演!
日にち◆9月25日(月)
時間◆20:00-22:54
松岡昌宏さん演じる遠山金四郎が、江戸の悪事を痛快お裁き!
そんな金四郎が馴染みの、居酒屋の看板娘役で渡辺麻友が出演!

http://akb48teamogi.jp/news/10261

mayu400.jpg






関連記事
ブログ内検索フォーム
Amazon検索
スケジュールカレンダー

予定表は完璧ではありません
記載漏れにお気づきの方は
コメント欄へご連絡くださいm(_ _)m
ブログランキング
まゆゆ応援@練習中は ブログランキングに参加しています
カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
スポンサーサイト




渡辺麻友写真集
「知らないうちに」


デジタル美女図鑑
500円


Sweet1月号