FC2ブログ

 紀州藩主・徳川吉宗【渡辺麻友】キャプチャ&動画/前半


4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主・徳川吉宗


【放送日時】2019年2月8日(金)よる7:00~9:54


『暴れん坊将軍』として有名な徳川吉宗の若き日のストーリー。後の『大岡越前』大岡忠相との友情や、殺陣、恋愛、愛情、幕府が関わるお家騒動を3時間で描いています。

今回は(も)渡辺麻友さんのストーリーのみ抽出しました。

Dy485-EU0AAkFpZ.jpg


DtnCtl 2019-02-09 13-10-34-262




やくざ者に絡まれて吉宗に助けられる市
yoshimune (120)


鷹山新之助(徳川吉宗)さまは市をみて一目ぼれ♡
yoshimune (119)


yoshimune (118)


市は吉宗の腕の傷を先ほど助けられた時にできたものだと思い
「家で治療します」と言う
yoshimune (117)


yoshimune (116)


吉宗は家来である小次郎に早く屋敷へ戻るように急かされるが
それを振り切り市の家へ向かう。
yoshimune (115)


yoshimune (114)


yoshimune (113)


yoshimune (112)


yoshimune (111)


吉宗は市に「子供がいるのか?」と驚くが
「寺子屋」を開いていると聞かされ納得する。
yoshimune (110)


yoshimune (109)


yoshimune (108)












寺子屋の主人(市のお父上)
yoshimune (107)


yoshimune (106)


市は「国の名物です」。とお茶請けに塩饅頭を出す。
Dy4fy-DUYAAG_Y6.jpg


吉宗に「国はどこか?」と聞かれると、市は少々慌てながら
「私の国元には美味しい名物がたくさんありますのでまた作って差し上げます」
と答え国名をごまかす。
この塩饅頭が、市は赤穂浪士の娘だったことの最初の布石。
yoshimune (105)


yoshimune (104)












飾り職人権三の息子のなおちゃんは寺子屋の生徒
yoshimune (102)


yoshimune (101)


yoshimune (100)


42歳の山本耕史さんですが、今回の吉宗は21歳設定です。
違和感のない体形d(^_^o)
yoshimune (99)


吉宗が飯屋の客、辰五郎にすすめられた金魚をもって市の寺子屋を訪れる
yoshimune (98)


yoshimune (97)


yoshimune (96)


yoshimune (95)


子供たちの「部屋に飾ろう」という言葉に優しく微笑む市
yoshimune (94)










yoshimune (93)


おきくの幼馴染が持ってきた金魚を2人でみながら
幼馴染の辰五郎の話をする。
yoshimune (92)


yoshimune (91)


yoshimune (90)


yoshimune (89)


yoshimune (88)


yoshimune (87)


yoshimune (86)


おきくになぜ金魚のことを知っているのかを聞かれ
「お侍さんが持って来てくれて」と市が答えたので
飯屋のつねとおきくは吉宗が好意を持っている娘が市だと気づく。
つねは吉宗(殿)とは知らず、ただの侍だと思っているので
市に近づくために寺子屋で働くことを勧める。(お節介w)
yoshimune (85)


yoshimune (84)








yoshimune (83)


寺子屋の先生になった吉宗
yoshimune (82)


子供たちを2人で見送ったあと、大岡忠相(後の大岡越前)が市に近江屋のだんごを買ってきたと現れる。
yoshimune (81)


キラッーン
yoshimune (80)


yoshimune (79)


yoshimune (78)







吉宗に筆選びについてきてもらった市
yoshimune (77)


yoshimune (76)


道端に咲いている花を見つける市
yoshimune (75)


yoshimune (74)


yoshimune (73)


yoshimune (72)


好きな花は何かと聞かれ市は
「桜です。上野の桜は綺麗ですよ」
と答えると
吉宗は「では、桜の季節になったら花見に行くとしよう」
この言葉に少し戸惑いを見せたが
「行きましょう。お花見」と答える。
yoshimune (71)


yoshimune (70)


吉宗の好きな花は「みかんの花」
これも物語のキーになる言葉。
yoshimune (69)


yoshimune (68)


きゃわいい
yoshimune (67)


吉宗 「その品(筆)お礼と言っていたな」
市  「ええ。大岡様に」
吉宗 「大岡?」
市  「あ、はい。いつも近江屋のお団子を持って来ていただいているので」
チーン
yoshimune (66)


yoshimune (65)







後半へ続く 

【渡辺麻友】4K大型時代劇スペシャル紀州藩主・徳川吉宗キャプチャ&動画/後半

関連記事

ロングインタビュー【渡辺麻友】自分について「出来損ない(笑)」

最後にサイン入りチェキプレゼントが載ってますよ


zakzakさんより


ent19020610190-p1.jpg


女優、渡辺麻友が京都で“江戸娘”を熱演! 「山本耕史さんにはいろいろ教えていただきました」 ドラマ「紀州藩主 徳川吉宗」

女優の渡辺麻友(24)が 2月8日に放送されるスペシャルドラマ「紀州藩主 徳川吉宗」(BS朝日)に“ヒロイン役”として出演する。主演の山本耕史(42)が“暴れん坊将軍”こと、8代将軍、徳川吉宗の若き日を演じる本作で、麻友は父と寺子屋を開くヒロイン・市を演じている。2018年11月、京都・太秦の東映撮影所で行われた会見で、麻友は「皆さまと出会っていく中で、市自身のある過去が明かされていきます。市は芯の強い女性として描かれているので、そういうところも表現できるように演じました」と意気込んだ。

 17年の年末に11年在籍したAKB48を卒業。18年は1人の女優としてドラマやミュージカルに出演するなど大活躍を見せた。さらなる飛躍が期待される19年。京都で撮影に打ち込む彼女をzakzakが直撃した。その模様を2回に分けて紹介する。(zakzak編集部)

<時代劇はスペシャルドラマも含めて3度目の出演になります。時代劇といえば「京都の撮影所」が昔からのスタイルですが、京都で時代劇を撮るということに対する麻友さんの思いや醍醐味について教えてください>

 「今まで出させていただいた時代劇はすべて京都(東映)で撮らせていただいています。初めて来たときはまさに“未知の世界”でした。歴史が長い場所ですので、私、勝手にビビっちゃって(笑)、『私なんかが許可なくここに足を踏み入れていのか!?』みたいな感じでした。

 でも、いざ踏み入れてみると、そこはすごくあたたかい場所でした。とにかくスタッフの皆さんがあたたかく迎えてくださって、それですごく安心できましたし、2回目に来たときも皆さんに『また来たね』っていっていただいて、そして3回目になっても今までと同じようにあたたかたく迎え入れてくださって。それがすごくうれしくて、今ではここが大好きな場所になりました」

<今では時代劇に出るのが楽しみに?>

 「はい。そうですね。何か、想像と全然違ったので、そのギャップにすごく驚かされました」

<スタッフの皆さんがまさに“職人さん”という感じなんです>

 「そうですね、たたずまいからしてそんな感じがします!今回のスタッフの皆さんも職人ぞろいっていう感じで、お化粧してもらったり、カツラをかぶせてくださったり、着つけをしてもらったりと、お世話をしていただいているのですが、そのたびにじっと観察してしまいます。すごいですよね、現代劇ではない“職人技”みたいなのをいつも感じています」

<今回は俳優の山本耕史さんと共演しました。ズバリ感想は?>

 「初めてお会いして、初めて時代劇でご一緒させていただきました。山本さんは時代劇の経験も豊富で、いろいろなことを教えていただいたりもしながら、すごく楽しくて、同時にたくさんのことを学ばせていただきました。『貴重な経験をさせていただいているなぁ』とお芝居をしながら感じていました。本当に頼もしかったです」

<お芝居をするなかで教えてもらったこと、「なるほどな」と思ったことはどんなことですか?>

 「いろいろあるんですけども、今、頭に浮かんだのは、私は今回、寺子屋の先生という役を演じているのですが、そこで子供たちがお家に帰るというシーンがあるんです。子供たちとお別れなので、『さよなら』という感じで手を振ってしまったんです。そうしたら山本さんが『手を振るっていうのはこの時代にはなかったんだよ』と。『手を振るというのは“バイバイ”になるので、この時代にはないんだよ』というふうに教えていただいて。『なるほど』と。とにかく山本さんは経験と知識が豊富なので、とても勉強させていただきました」

<時代劇を京都で撮ることが楽しみになったようですが、麻友さんの京都の楽しみ方っていうのはどんな感じですか?>

 「今までは、京都に来ても撮影するだけで帰るということが多かったのですが、撮影の空き時間は街に出て歩いてみたり、少しですが自分の時間を楽しむことができました。観光気分まではいきませんでしたが、京都の風を感じながら京都を楽しむことはできました」

<どのくらいの間、撮影で京都にはいらっしゃったんですか?>

 「途中、仕事で東京に戻りましたが、合計で10日間は京都にいました」

<11月といえば、京都の一番いい時期ですもんね>

 「そうですね、お客さまがどこに行っても多く、とても混んでいました。なので、紅葉スポットには行けませんでした(笑)。普通に街の中を歩くのにも人が多くて、『観光スポットとか、紅葉がきれいな場所にいったら、大変なことになっているんだろうなぁ』って想像できたので、今回はやめておきました(笑)。

 でも京都の街中をぶらぶら歩くだけでもいい気分転換になりました。今回はそれを楽しみにしながらお仕事させていただきました」

<グループを卒業して早いもので1年が経ちました。今後は1人の女優として芸能界という大海原を生き抜いていくわけですが、あらためて麻友さんが思う女優の醍醐味、演じることの楽しさって何ですか?>

 「やっぱりまだ楽しさよりも、難しさのほうが大きいです。まだ全く余裕もありませんし、自分的にはお芝居もできていないといいますか、いろいろ考えながらやっているのが現状かなと思います」

<そんな中でも麻友さんが「お芝居って楽しい!」って思うときはどんなときですか?>

 「まだそう感じられるのはたまにです。それよりもやっぱり自分の出来なさに落ち込んだりとか、『なんでこんなにできないんだろう…』って反省することのほうが圧倒的に多いので…。私の場合、何においてもそうなんですけど(笑)。お芝居は特にそうです」

<17年末にAKB48を卒業し、18年は芸能界で1人で活動した1年でした。麻友さんにとってこの1年はどんな時間でしたか?>

 「17年まで11年間AKB48に在籍していて、辞めて初めて1人で過ごす1年だったので、18年は自分を知ることができた1年だったかなって思います。結構、知らないことが多かったです、自分について」

<渡辺麻友という人間は自分から見てどんな人間でしたか?>

 「出来損ない(笑)」

<それは言い過ぎでしょ(笑)>

 「本当に出来損ないです(笑)。私って何にもできないなって」

<例えば?>


 「いっぱいありますよ!忘れものしたりとか、何もない場所でつまづいたりとか…。本当に『私ってヤバイな』って思いますした。AKB48にいたときは、結構、しっかりしているって言われることが多くて、またはそう見られていたのか、もしくはそう見つくろっていたのか、今となっては自分でもよくわからないんですけど、あのころは自分としてもそう思っているふしがあったんです(笑)。でも、実は全然しっかりしてなくて!びっくりしました。自分に」

<麻友さんは3期加入で、かなり初期からAKB48で活躍して、その後、後輩たちがたくさん入ってきたので、自然とそう見られがちだったんですかね?>

 「本当にこの1年は自分が情けなくなりました」

<勝手ですが、これまでずっと「渡辺麻友=しっかり者」というイメージを持ってきました(笑)>

 「そうなんですよ。でもそれは…イメージだけでした(笑)。24、25(歳)にもなって、あまりにもヒドイなと。何もないところで本当によくつまずくんですよ。スマホもよく忘れますし(笑)。挙げればキリがないんですけど、そんな自分に気づかされて『まともな人間になろう!』って思い知らされた1年でした。ただ時間が1年では全然足らなかったので、もうちょっとかかるのかなって思ったりしています(笑)」

<ではゆっくり時間をかけて…>

「時間をかけて、まともな人間になります!努力していきます!」(つづく)

★1名さまに渡辺麻友さんのサイン入りインスタント写真をプレゼントします。応募方法はツイッター「zakzak公式エンタメ部」をフォローしていただき、 #zakzakプレゼント渡辺麻友  と14日までにツイートしてください。※すでにフォローされている方はツイートのみでOKです!

ent19020610190-p5.jpg


https://www.zakzak.co.jp/ent/news/190206/ent19020610190-n1.html




ent19020610190-p2.jpg
ent19020610190-p3.jpg
ent19020610190-p4.jpg




 #zakzakプレゼント渡辺麻友

いつもzakzakさんは写真が多くて良い記事を書いてくれているので感謝。



関連記事

朝日新聞朝刊に『紀州藩主・徳川吉宗』【渡辺麻友】の広告が!/4Kで【まゆゆ】を見るためには

2019年2月6日 朝日新聞朝刊

74501.jpg


@BAKO65 よりお借りしました。いつもありがとうございますm(_ _)m



main-1 (1)
20181214s00041000255000p_view_20190206094203700.jpg



※BS朝日が映るなら4Kテレビでなくてもハイビジョン画質で観ることができますよ




ハイビジョン(2K)と4Kの違い
BS朝日4Kチャンネルは昨年の12月1日に放送を開始しました。

画素数がハイビジョンに比べて4Kは4倍の画素数で映ります。
このような感じです。WOWOWより

Screenshot_47_2019020610053130b.png


まゆゆの陶器のような美肌が大画面で見られるんですねd(^_^o)


しかし、これは女優さんにとっては難儀なことです・・・
まゆちゃんは『4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主・徳川吉宗』の会見ではこのように発言をしていました。

「映ってほしくない部分まで映ってしまうので、女性はより気を使う」とドキドキの様子。「撮影前には、毎晩、寝る前にパックしたり、スキンケアをかなりした。普段の2倍、気をつけました」と対策を明かした。その結果、放送がより楽しみだそうで「頑張ったので、成果が出ているといいなと思います」と笑顔を見せた。

https://mainichi.jp/articles/20181215/spn/00m/200/006000c






4K放送を見るためには

4Kテレビだけでは見ることができません。
チューナーが必要なのです。

・4Kテレビ+4Kチューナー
・4Kテレビ+4Kチューナー内臓レコーダー
・4Kチューナー内臓4Kテレビ

総務省のサイトに詳しく記載されています。
http://www.soumu.go.jp/menu_seisaku/ictseisaku/housou_suishin/4k8k_suishin_questions03.html




これからTV,レコーダーを買い替え予定の方はチューナー内蔵のTVやレコーダーを買うべきなのでしょうか?
まだ普及前なのでお値段が高いです∑(゚ロ゚〃)

パナソニック 43V型 4Kチューナー内蔵 液晶 テレビ VIERA HDR対応 TH-43GX850

こちらはお安い
東芝 43V型地上・BS・110度CSデジタル4Kチューナー内蔵 LED液晶テレビ(別売USB HDD録画対応)REGZA 43M520X


パナソニック 2TB 3チューナー ブルーレイレコーダー 4Kチューナー内蔵 おうちクラウドDIGA DMR-SCZ2060



---------------------------

もう一度
※BS朝日が映るなら4Kテレビでなくてもハイビジョン画質で観ることができますよ


4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主・徳川吉宗
【放送日時】2019年2月8日(金)よる7:00~9:54

関連記事

TVガイド【渡辺麻友】山本耕史さんが共演したまゆゆの演技について語る


TVガイド2.2~2.8



P61 どど~んと大きく載ってます。

24754.jpg


SPECIAL TALK


山本さん 「もし『暴れん坊将軍』を演じてください。と依頼されていたらその責任を背負う度胸があったかどうかは分かりませんね(笑)。でも今回は将軍になる前の若き日の吉宗公のストーリーということだったので、松平健さんの吉宗とは別物という解釈で演じさせていただきました。3時間の中にたくさんの要素があって、時には高潔に、時には色っぽく、色々な表情のあるドラマになっていると思います。」

麻友さん 「最初に台本を頂いて読んでいくうちに、どんどんのめり込んでいきました。映像になったら、視聴者の皆さんも3時間、目が離せないだろうな、と。」

山本さん 「時代劇らしい立ち回りもあれば、ミステリーの要素もあって、面白い台本だと思いました。演じる上では、刀を持ち替えて、立ち回りの雰囲気を変える場面や、謎解きの場面でひとりでずっとセリフをしゃべるところは大変でしたけど。」

麻友さん 「寺子屋の先生ですが、その職業を経験したことはもちろんないので、先生がどんな感じなのかイメージしながら演じる難しさはありました。後は心の強さがある女性なので、そこを表現できるように心がけました。」

山本さん 「まゆちゃんとは初共演だけど、想像していたよりはるかに落ち着いた演技をする役者さんだと思ったし、この時代の女性をしっかり表現していて、しとやかな雰囲気を感じましたこれからどんどん時代劇に出演してほしいです。

麻友さん 「光栄です。たくさん勉強させていただいて、全てが貴重な時間になりました。時代劇の出演は三作目で、最初はわからないことだらけだったのですが(苦笑い)だんだん理解が深まってきました。だけど知らないこともまだまだあって、毎回毎度発見の連続です。」

山本さん 「今回だと、寺子屋の子供たちに手を振ったことととか。」

麻友さん 「そう!子供達を見送る場面でつい手を振ってしまいまして。あの時代にその習慣はなかったと教えていただきました。」

山本さん 「そういうことを知って知識の幅が広がるのが、時代劇の面白さでもありますね。」

麻友さん 「今回の作品は、案内役の解説もあったりと、時代劇に詳しくない方でも見やすい作品になっているので、是非ご覧頂きたいです。」

山本さん 「『暴れん坊将軍』の世界観をバッググラウンドにしながら、現代劇のような、良い意味でのお話の複雑さもある。あの暴れん坊将軍の若い頃はどうだったのかという興味でご覧いただいた方にも、これまでとは違う新しい風が吹いている作品だとも感じてもらえるはず。たくさんの方に見ていただきたいです!」


24752.jpg



放送は



2月8日(金)夜7時~

BS朝日

bandicam 2019-01-29 20-32-31-103
bandicam 2019-01-29 20-33-06-545
bandicam 2019-01-29 20-33-09-439

23593.jpg

関連記事

【渡辺麻友】4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主・徳川吉宗予告【動画】が来たよ~\(^o^)/



4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主・徳川吉宗


【放送日時】2019年2月8日(金)よる7:00~9:54


■放送40年『暴れん坊将軍』、新たな吉宗像を4Kで描く
山本耕史が紀州藩主時代の若き徳川吉宗を演じるBS朝日の「4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主 徳川吉宗」の会見がこのほど、京都・太秦の東映京都撮影所で行われ、山本耕史、渡辺大、渡辺麻友、宮崎美子の主要キャストが出席した。

今年、放送40周年を迎えた松平健主演の『暴れん坊将軍』としてお馴染みの徳川吉宗の若き日の活躍を描く。知られざる若き日の史実をモチーフに、あの“大岡越前”として知られる前の大岡忠相との友情を始め、殺陣あり、恋あり、お家騒動を巡るミステリーあり…。難解な時代背景などを案内人(林家三平)が解説するコーナーもあり、誰もが楽しめる3時間の新感覚のエンターテインメント時代劇だ。脚本は、第2回『このミステリーがすごい!』大賞 優秀賞・読者賞受賞作「ビッグボーナス」や「相棒」シリーズの脚本を手がける長谷部幕臣王氏が手がけた。11月に東映京都撮影所のほか、聖護院や大覚寺などでロケし、下旬にクランクアップした。

また、この番組は4K制作であり、主演の山本をはじめ他の出演者や濱監督にとっては、初めての4K放送作品となる。12月1日にスタートしたBS朝日4Kチャンネルでは、高精細かつ臨場感あふれる時代劇として楽しめる、ピュア4K番組の話題作となりそうだ。

これまで数々の歴史上の人物を演じてきた山本が挑むのは、21歳の吉宗。「『暴れん坊将軍をやってください』と言われたら、断りました(笑)。今回は将軍になる前の話で、松平さんのものとは全く別物という解釈で、やらせていただいています。ただ、この後に暴れん坊将軍になるのかと思うと、すごいなって思います。21歳という設定は、僕の実際の年(42歳)の半分で、ちょっと恥ずかしかったところがありますが、そこは時代劇のファンタジーです。ときには高潔に、ときには色っぽく、いろんな表情のあるドラマになっているんじゃないかなと思います」と話した。

渡辺大の役は「大岡越前」になる前の28歳の忠相。「単独でも成り立つ大役なので、本当恐れ多いと思いました。現在進行系でやっている『大岡越前』もあるので、ドキドキする部分もありましたが、山本耕史さんと僕がいろんなことを想像できる新しい時代劇を作っていけるのかなと思いました。時代劇では、(北大路)欣也さん、里見(浩太朗)さんを始め名だたる大先輩がいらっしゃいますが、先輩たちもこのくらいの年齢でやっていたことを考えると、そろそろ自分も責任感を背負っていかないといけないと感じています」と意気込んだ。

これまでも共演経験のある山本と渡辺大だが、42歳の山本が21歳の吉宗、34歳の渡辺大が28歳の大岡役。山本が「若い2人(吉宗と大岡)がぶつかり合って、認め合って、二つの時代劇になったと思うと、すごい作品に出させてもらったなと思います。実際は大くんが年下なんですけども、違和感を感じませんでした」というと、渡辺大も「8歳年上の山本さんに(上から)言うのはくすぐったい部分もありましたが、アンバランスさは感じなかったです」と息ぴったりだ。

父と寺子屋を開くヒロイン・市を演じた渡辺麻友は、「皆様と出会っていく中で、市自身のある過去が明かされていきます。市は芯の強い女性として描かれているので、そういうところも表現できるように演じました」。江戸の飯屋の女将・つねを演じる宮崎は、「徳川将軍の中でも親しまれている吉宗ですが、若い頃は知られていないかも。現代的な雰囲気もあって、自然な芝居が多いと感じたんですが、私が見てきた時代劇みたいな雰囲気で飯屋の女将をやってみました」と話す。

より鮮明な4K撮影では、かつらと肌の境目など気を遣う部分もあるが、「ロケも多く、空気感や季節感がより出ていると思うので、楽しみです」と山本。ただ、女優陣は画面映りを気にして、肌のお手入れに気をつかったよう。宮崎は「年齢がリアルに出るので、反対です(笑)。若い方はいいんですよ、そばで見てもツルツルですから」と冗談めかすと、渡辺麻友は「映って欲しくない部分まで映ってしまうので、女性は気を使います。割と普段から気をつけてはいますが、今日はさらに2倍は気をつけました(笑)。寝る前に入念にパックしたり、スキンケアを頑張ったので、その成果が出ているといいなと思います」と話していた。

https://www.bs-asahi.co.jp/yoshimune/




後ろでまゆちゃんが倒れてる
bandicam 2019-01-29 20-32-18-036

寺子屋の娘 市
bandicam 2019-01-29 20-32-31-103
bandicam 2019-01-29 20-32-49-585
bandicam 2019-01-29 20-32-49-845
bandicam 2019-01-29 20-33-06-545

キャーかっこええ
bandicam 2019-01-29 20-33-09-439
bandicam 2019-01-29 20-33-10-251








キャストはこちら

吉宗と忠相が淡い恋心を抱く町娘役に【まゆゆ】/スポニチ掲載

関連記事

山本 耕史さん×渡辺麻友対談「手を振ってはいけません」∑(゚ロ゚〃)


「デジタルTVガイド」2019年3月号




d6568-638-765990-0_2019012611003677a.jpg


23590.jpg

23594.jpg


市ことまゆちゃんはモテモテ
23593.jpg



知識の幅が広がるのも時代劇の魅力の一つ



山本さん「吉宗が将軍になる前の話なので、松平健さんの作品とはまた別のものという解釈で演じました」。

まゆさん「市はある過去を抱えてはいるがおくびにも出さない心の強い女性。そこが伝わるよう努めたのですが…」。

山本さん「あの時代の女性の淑やかさ、強さを見事に表現していましたよ」。

まゆさん「光栄です。でも時代劇はまだまだ勉強すべきことがあって」。

山本さん「手を振らない、とかね」。

まゆさん「そう!子供達を見送る場面で、つい手を振ってしまったんですが、あの時代にその習慣はなかったと教えていただいて」。

山本さん「そうやって知識の幅が広がるのが時代劇の面白さでもある」。

まゆさん「今回は"案内人"の解説があるなど、時代劇に詳しくない方も見やすい作品になっています」.

山本さん「暴れん坊将軍の世界観をベースにしているけど、新しい風が吹いてる作品だと感じています。多くの方に見ていただきたいです」。




デジタルTVガイド 2019年 03 月号 [雑誌]


4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主・徳川吉宗

【放送日時】2019年2月8日(金)よる7:00~9:54

『暴れん坊将軍』としてお馴染みの徳川吉宗が将軍になる以前、紀州藩主だった時代の活躍! 新藩主・吉宗を迎えた紀州を狙う影。その正体を探るため身分を隠して江戸の町で調査を始めた吉宗は、江戸市中の人々と出会い、成長しながら、やがて幕府をも巻き込んだ騒動へと身を投じることに……。弱冠21歳の若者・吉宗が市中で庶民の悩みを解決し、悪事を企む商人や権力者を相手に立ち回るエンターテインメント時代劇です。

■渡辺麻友
「時代劇は家族が好きで、幼い頃から観ていました。今まで時代劇3作品に出させていただきましたが、その度、多くのことを勉強させていただいています。吸収したものを今後のお芝居にも活かせていけたらと思います」

http://www.bs-asahi.co.jp/yoshimune/



4KテレビでなくてもBSが見られるなら視聴可能です。
----------------

AKB48 旅少女



この雑誌にこみはること(込山榛香)も掲載されいました。
2019年2月6日(水)から AKB48 旅少女が放送されるようです。

ということはまゆゆきりんの旅少女を再び見ることができるのですね!

CS(295) MONDO TV 毎週水曜日 午後11:30~


20150628073219c4fs_20190126112857bc0.jpg


関連記事

「デジタルTVガイド」3月号に【まゆゆ】


デジタルTVガイド




1月24日(木)発売です!

d6568-638-765990-0.jpg


インタビューには、高橋一生、常盤貴子&小泉孝太郎&唐沢寿明、沢村一樹&瀧本美織、山下智久、込山榛香、神木隆之介&有村架純、米倉涼子、野村忠宏&髙橋大輔、山本耕史&渡辺麻友、瑛太&橋爪功、桜井日奈子、佐野勇斗&本郷奏多、あいみょん、杉野遥亮、祭nine.ほか豪華な面々が多数登場!

この一冊で地上波TV・BS・CS・4Kのテレビを完全網羅します!

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000638.000006568.html






このインタビューですね\(^o^)/


4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主・徳川吉宗
【放送日時】2019年2月8日(金)よる7:00~9:54


山本耕史&渡辺麻友


楽しみです。

http://www.bs-asahi.co.jp/yoshimune/


この番組は4K番組ですが、BS朝日を視聴可能であれば4K画質ではなく、地上波画質でみることができます。


20181215_122958_size640_7828-v-1544933914.jpg
2125558_201812150118100001544847027c.jpg




インタビューには
込山榛香さんの名前もありますからAKBの情報もあるみたいです。


@BAKO65  さんにセブンイレブン店舗受け取りが確実で送料もいらないと情報をいただいたのでリンク張っておきます。





関連記事

【渡辺麻友】「4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主 徳川吉宗」出演キタ━━━(゚∀゚).━━━!!!

「4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主 徳川吉宗」(2019年2月8日午後7時~9時54分)

山本耕史が“暴れん坊将軍”の若き日を演じる!
640.jpg
京都・太秦の東映京都撮影所で会見

4K番組に出演するからブログでお肌のことを気にしていたのですね!納得d(^_^o)
あんな布石を置いていかはれるなんて、まゆちゃんやりおりますな笑


俳優の山本耕史が紀州藩主時代の若き徳川吉宗を演じるBS朝日「4K大型時代劇スペシャル 紀州藩主 徳川吉宗」(2019年2月8日午後7時~9時54分)の制作が12月15日、明らかになった。

今年、放送40周年を迎えた松平健主演の「暴れん坊将軍」としてお馴染みである吉宗の若き日の活躍を描く。知られざる史実をモチーフに、“大岡越前”として知られる前の大岡忠相との友情をはじめ、殺陣あり、恋あり、お家騒動を巡るミステリーありという3時間のエンタテインメント時代劇。脚本は、第2回「このミステリーがすごい!」大賞優秀賞・読者賞受賞作「ビッグボーナス」や「相棒」シリーズの脚本を手がける長谷部幕臣王氏。11月に東映京都撮影所のほか、聖護院や大覚寺などでロケし、下旬にクランクアップした。

山本、渡辺大、渡辺麻友、宮崎美子の主要キャストがこのほど、京都・太秦の東映京都撮影所で会見。21歳の吉宗を演じた山本は「『暴れん坊将軍をやってください』と言われたら、断りました(笑)。今回は将軍になる前の話で、松平さんのものとは全く別物という解釈で、やらせていただいています。21歳という設定は、僕の実際の年(42歳)の半分で、ちょっと恥ずかしかったところがありますが、そこは時代劇のファンタジーです。ときには高潔に、ときには色っぽく、いろんな表情のあるドラマになっているんじゃないかなと思います」と話した。

渡辺大は「大岡越前」になる前の28歳の忠相役。「単独でも成り立つ大役なので、本当に恐れ多いと思いました。現在進行系でやっている『大岡越前』もあるので、ドキドキする部分もありました。時代劇では、(北大路)欣也さん、里見(浩太朗)さんをはじめ名だたる大先輩がいらっしゃいますが、先輩たちもこのくらいの年齢でやっていたことを考えると、そろそろ自分も責任感を背負っていかないと感じています」と意気込んだ。

これまでも共演経験のある山本と渡辺大。山本が「実際は大くんが年下なんですけども、違和感を感じませんでした」というと、渡辺大も「8歳年上の山本さんに(上から)言うのはくすぐったい部分もありましたが、アンバランスさは感じなかったです」と息ぴったりだった。

父と寺子屋を開くヒロイン・を演じた渡辺麻友は「皆様と出会っていく中で、市自身のある過去が明かされていきます。市は芯の強い女性として描かれているので、そういうところも表現できるように演じました」。江戸の飯屋の女将・つねを演じる宮崎は、「現代的な雰囲気もあって、自然な芝居が多いと感じたんですが、私が見てきた時代劇みたいな雰囲気で飯屋の女将をやってみました」と話す。

より鮮明な4K撮影では、かつらと肌の境目など気を遣う部分もあるが、「ロケも多く、空気感や季節感がより出ていると思うので、楽しみです」と山本。ただ、女優陣は画面映りを気にして、肌のお手入れに気をつかったよう。宮崎は「年齢がリアルに出るので、反対です(笑)。若い方はいいんですよ、そばで見てもツルツルですから」と冗談めかすと、渡辺麻友は「割と普段から気をつけてはいますが、今日はさらに2倍は気をつけました(笑)。寝る前に入念にパックしたり、スキンケアを頑張ったので、その成果が出ているといいなと思います」と話していた。

https://eiga.com/news/20181215/1/



関連記事
ブログ内検索フォーム
Amazon検索
スポンサーサイト




渡辺麻友写真集
「知らないうちに」


デジタル美女図鑑
500円

ブログランキング
まゆゆ応援@練習中は ブログランキングに参加しています