FC2ブログ

本日夜11時40分~【渡辺麻友】主演「いつかこの雨がやむ日まで」第3話放送です

渡辺麻友「いつかこの雨」殺人犯の妹/3話見どころ

201808140000670-w500_0.jpg

日刊スポーツさんより

元AKB48の女優渡辺麻友(24)がフジテレビ系、オトナの土ドラ「いつかこの雨がやむ日まで」(土曜午後11時40分)に主演している。昨年12月にAKB48を卒業後、初の連続ドラマ出演となる。

 渡辺が演じる主人公・北園ひかりは15年前、11歳の時に兄の国彦(桐山漣)が殺人犯になったことから人生が一変した。故郷を去り、現在はキャバクラに勤めながら、ミュージカル女優になることを夢見ている。国彦の出所が決まり、ひかりは別れを告げるために刑務所の外で待ち受ける。そこで国彦は「俺は殺していない」と衝撃の告白をする。そしてまた、新たな事件が起こるラブサスペンス。

 殺人犯の妹というハンディを抱えながら、ミュージカル女優を目指す、北園ひかりという役を、渡辺は「15年前、兄が捕まるまでは天真らんまんな子でした。ミュージカルが大好きで『将来、私もミュージカル女優になる』という夢があって。人生が暗転してからは生きづらくなり、ミュージカルだけが心の支えです。きっとミュージカルがなかったら、生きていられないのだと思います。苦しい毎日の中でミュージカルがひかりの救いになっています。ひかりは生活のためにキャバクラで働いていて、お店ではよろいをつけていると思います。愛想笑いをしたり、しつこいお客さんをうまくかわしたり。唯一、素に戻れるのが大好きなミュージカルに接しているときだけ。ミュージカルに臨んでいる瞬間だけは、ひかりは自分自身でいられるのではないでしょうか」と話している。

 18日放送の第3話では、ひかり(渡辺)と同じ劇団員で不審死を遂げた舞子(紺野まひる)を、死の直前まで付け回していた男がいたことが分かる。警察が提示したその似顔絵は、兄の国彦(桐山漣)に似ていた。ひかりは主役として抜てきされたミュージカルの稽古にも身が入らず、芽衣(宮澤エマ)から「命がけで舞台に立つ気がないなら今すぐ辞めて」と冷たく言われてしまう。

 和也(堀井新太)は、警察が国彦を追っていると知り、ひかりの身を案じていた。そんな和也に、父・純一(橋爪淳)は国彦とは関わるなと命じる。たとえ15年前の事件で国彦が無実だったとしても関係ないことだと。いてもたってもいられない和也は刑事の剛田(木村祐一)に会いに行く。

 警察が家まで来たことで、母親の由布子(斉藤由貴)も国彦が出所したことを知ってしまう。興奮を隠せない由布子に対し、ひかりは「一度壊れたものは二度と元通りにならない」と告げ、謎を抱えたまま消えてしまった兄のことは忘れ必死に前を向こうとしていた。しかし何者かが、ひかりが15年前の殺人事件の被疑者の妹だと暴露してしまったのだ。

https://www.nikkansports.com/entertainment/news/201808140000670.html



2話振り返り



















































たぶんまだ続きます
-----------------------





コメント

さぁ、今夜も要注目です。一体、どんな形で進んでいくのか
Re: タイトルなし
登場人物が増えてますますわからなくなってきました

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索フォーム
Amazon検索
相互RSS
スケジュールカレンダー

予定表は完璧ではありません
記載漏れにお気づきの方は
コメント欄へご連絡くださいm(_ _)m
ブログランキング
まゆゆ応援@練習中は ブログランキングに参加しています
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
スポンサーサイト



デジタル原色美女図鑑【渡辺麻友】ひとりだち
  500円


渡辺麻友卒業コンサート





Amazon
渡辺麻友写真集








Sweet11月号