AKB紅白歌合戦で審査員を務めた【渡辺麻友】

2102086_201712100761682001512917829c.jpg
ec18aab564c16099dfce6907e9bcee25-300x262.jpg
Screenshot_6_20171211060239ff5.png


 今年いっぱいでAKB48を卒業する渡辺麻友(23)に代わり、「ポストまゆゆ」と期待がかかるチーム8東京都代表・小栗有以(15)が、渡辺の目の前で涙を見せた。

 渡辺の卒業ソング「サヨナラで終わるわけじゃない」を、審査員席で鑑賞していた渡辺の後ろに移動し、向井地美音(19)と歌唱した。歌い出しこそ気丈に笑顔を見せていたが、別れの悲しみがこみ上げてきたのか、大粒の涙を流して歌えなくなってしまった。客席から「ゆいゆい~!」「頑張れ~!」と声援を受け、何とか歌いきった。小栗のほほをつたう涙を向井地がぬぐう姿がスクリーンに映し出されると、場内は温かい拍手に包まれた。

 渡辺は10月の卒業コンサートで「ポストまゆゆ」について問われ、小栗の名前を挙げていた。「私なんか目じゃないくらいすごい。私から見たら、まさに『アイドル』という子。AKBの王道アイドル、正統派アイドルとして頑張ってほしいなと期待しています」と話していた。

 その期待通り、小栗は最新シングル「11月のアンクレット」でも、渡辺に代わってセンターポジションを務めた。渡辺が見守る中で、いわば「王道アイドル伝承式」だった。

 渡辺は席で手拍子をしながら、小栗と向井地の様子を見守った。「メンバーのそれぞれの姿が、心に響きました。『サヨナラで終わるわけじゃない』は、期待している後輩2人がそばで歌ってくれて、感動しました」と感想を語っていた。

https://www.nikkansports.com/entertainment/akb48/news/201712100000721.html



















向井地美音・小栗有以で渡辺麻友卒業ソング
年内で卒業する渡辺麻友は今回、審査員として参加。渡辺のラストシングル「11月のアンクレット」を渡辺が期待する次世代エースのチーム8小栗有以センターで披露すると、今度は小栗と向井地美音で渡辺の卒業ソング「サヨナラで終わるわけじゃない」。

小栗は審査員席まで行き、渡辺の後ろで歌い出すとサビ部分で涙。声をつまらせ歌えなくなると、ステージから到着した向井地が駆け寄り優しくサポート。次世代エース2人からのプレゼントを渡辺も感無量の表情で見つめた。

そして、チームBメンバーで「チームB推し」を“まゆゆ推し”バージョンでパフォーマンス。柏木由紀がステージから渡辺の元へ行き、北原里英と宮崎美穂を合わせた柏木チームB4人が揃う感動的な展開に。最後は渡辺も自分の立ち上がり歌に参加。渡辺への感謝を示したパートに、渡辺は「期待している後輩2人がそばで歌ってくれてとっても感動しました」と話した。


https://mdpr.jp/music/detail/1733460





渡辺は「例年のAKB紅白とは打って変わって凄く楽しませて頂けましたし、メンバーの新しい魅力を発見しました。これからのAKB48グループが凄く楽しみになったのでこれから外側で楽しませて頂きたい」




-----------------------

NHK紅白投票中かん発表をうけて





コメント

コメントの投稿

非公開コメント


ブログ内検索フォーム
Amazon検索
相互RSS
スケジュールカレンダー

予定表は完璧ではありません
記載漏れにお気づきの方は
コメント欄へご連絡くださいm(_ _)m
ブログランキング
まゆゆ応援@練習中は ブログランキングに参加しています
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
スポンサーサイト
渡辺麻友卒業劇場公演


渡辺麻友卒業コンサート





Amazon
渡辺麻友写真集