キュメンタリー映画「存在する理由 DOCUMENTARY of AKB48」舞台挨拶画像まとめ【渡辺麻友】

1171820_650.jpg
0c-e_2136125.jpg

0c-e_2135988.jpg
0c-e_2136101.jpg
0c-e_2136104.jpg
0c-e_2136133.jpg
P2016063001873_akb_ken-w500_0.jpg
news_xlarge_DSC_1184.jpg
news_xlarge_DSC_2349.jpg
news_xlarge_DSC_2593.jpg
160630akb3.jpg
2074309_201606300078418001467274713c.jpg
021_size10.jpg
017_size10.jpg
015_size10.jpg
014_size10.jpg
006_size9.jpg
002_size10.jpg
6_large.jpg
3_large.jpg
20160630-akbmov4.jpg
1171821_650.jpg



下の人が上の人を支えるのが自然だが

ゆきりんの手が下になっているので

これはゆきりんがまゆゆをエスコート♡


0c-e_2136141.jpg





高橋みなみの卒業にフォーカスした映画ではない

近年のAKB48グループ及び乃木坂46のドキュメンタリー映画は非常に評価が高いものが多いです。

特に昨年公開された『悲しみの忘れ方 DOCUMENTARY of 乃木坂46』、今年公開された『尾崎支配人が泣いた夜 DOCUMENTARY of HKT48』はYahoo!映画でのスコアが4.0を超えており、コアなファン以外からも支持を取り付けている印象です。

今回の映画化は昨年から発表がされており、時期的に高橋みなみの卒業にフォーカスした作品になるのかなと勝手に予想をしていました。(前回の作品が大島優子にフォーカスしていたこともあり勝手にそう思っていました)

結果として、「そのような作品」ではありませんでした。

多角的に描かれる「存在する理由」に「心が震えた」

AKB48を初期から引っ張ってきた高橋みなみが卒業した後、「これからのAKB48はどう存在していくべきなのか」、つまり”存在する理由”を多角的に描いた作品となっていました。

高橋みなみを描き、横山由依を描き、渡辺麻友、柏木由紀、島崎遥香らのインタビューも交える。向井地美音、大和田南那、岡田奈々、小嶋真子ら近年台頭してきたメンバーも描く。

AKB48に憧れ何度もオーディションを受けるも落ち続け、結果的にやっとNGT48のメンバーとなった子も描く。

JKT48の仲川遥香や近野莉菜も描く。なかなか活躍できずに卒業したメンバー、光宗薫や内田眞由美らも描く。

モーニング娘。をプロデュースしてきたつんく♂のインタビュー、ももいろクローバーZの川上アキラプロデューサーのインタビュー、そしてまさかの週刊文春のAKB担当記者のインタビューまで描きます。

とにかく多角的に、まるで多くの短編映画を一気に見せられたかのような感覚でAKB48が「存在する理由」を描き出していました。

そしてクライマックスは心にズシンとくる、感動というか同情というか、目頭が熱くなる映像で映画は終わりました。誰が最後を飾ったかは是非みなさんの目で確かめてください。


「あの時の謎」「あの時の舞台裏」も描く

本作では2014年8月18日の東京ドーム公演「AKB48グループ東京ドームコンサート〜するなよ?するなよ?卒業発表するなよ?〜」におけるチーム4「桜の木になろう」のパフォーマンスで岡田彩花がセンターだった理由も明かされます。

大変恐縮ながら私はこのエピソードを存じ上げなかったので、鑑賞後に検索してみたところ。「卒業フラグ」的な予想のページや2ちゃんのスレッドが多く見られました。

あの時なぜ岡田彩花はセンターで、岡田彩花は泣かないで、メンバーの一部は泣いていたのか。是非映画を見て、「なるほど」を味わってみてください。

他にも、横山由依がメンバーに涙ながらに語った本音。仲川遥香のJKT48にいることの本音やそこへ行った理由。向井地美音のAKB48への思い。宮崎美穂の今思うこと。卒業を迎えたメンバーたちの最後の握手会などなど。

とにかく多角的にAKB48を描いていきます。

それでもAKB48は大人数なので全員は描ききれていません。推しメンがいる方は出演時間等での満足や不満足あるかと思われますが、「存在する理由」を考え、今とこれからのAKB48を考えるきっかけには必ずなると思います。


一部抜粋全文はこちら
http://cinema.ne.jp/recommend/akb482016062916/








残念ながら、まゆゆはほとんど出ていないという話を聞いています


チーム4「桜の木になろう」のパフォーマンスで岡田彩花がセンターだった理由~


そう、この東京ドームでセンターの子の顔も初めて見たし、なぜ周りの人が泣いているのかわからなかった
それを目の当たりにした時に、私はAKBは終わる。と思ったのを覚えています

昔はまゆゆだけではなく、他のメンバーそれぞれの物語も知っていたので
みんなを応援していたし、何かあった時には共感して涙を流していました。

それがAKB48の醍醐味でもあった
だけどチーム4ができたころから、人数が多すぎて全ての状況を追えなくなり

まゆゆ以外のメンバーに興味が持てなくなったのです。
(今でも、3チームが限界だと思ってます)

だから、この日「ぽか~ん」状態になったんですが、みんな知らなかったんですね。
この理由を知るために観に行くか。

ドラマチックに仕上げるのもいいけど、結局ヲタしか観に行かないんだから
集客のためには、半分くらいの時間は人気メンバーを出せばいいのにねえ。

てか、舞台挨拶でこじはるが言ってたけど、AKB第二章ていつからなん?w




コメント

コメントの投稿

非公開コメント


Amazon検索
渡辺麻友卒業カウントダウン
検索フォーム
相互RSS
スケジュールカレンダー

予定表は完璧ではありません
記載漏れにお気づきの方は
コメント欄へご連絡くださいm(_ _)m
ブログランキング
まゆゆ応援@練習中は ブログランキングに参加しています
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト






Amazon
渡辺麻友写真集









50th Single「11月のアンクレット」Type A 初回限定盤