【渡辺麻友】感謝祭で50thシングルセンター曲を披露


 オープニングは総選挙選抜シングル「#好きなんだ」(8月発売)で幕開け。ファンの投票によってセンターに立った指原は「今年もたくさんの投票ありがとうございました! 楽しみましょう」と叫び、総監督の横山由依は「選抜メンバーだけのコンサートはなかなかなかったこと。皆さんが投票してくださって、選抜に入れていただくことができて、このステージに立てて本当に幸せな気持ちでいっぱいです」と感謝の気持ちを伝えた。

 客席は推しメン別に観客がまとまれるようにと「推し席」が導入され、須田亜香里(SKE48)が自身の推し席に呼びかけると、中央付近で真っ赤なペンライトを振る一団が激しく呼応。「(愛称が)“あかりん”だから赤なんですよ。今日はもう一人、あかりん(吉田朱里)がいるので、あかりんコールが倍聴こえる」と大喜び。指原は前方の自身のファンに向け「みんなまだ腰は痛くないですか?」「40、50代のみんな元気ですか?」といじって笑いを誘った。

 コンサートの目玉は、16人のメンバーがそれぞれ練習を積み重ねてきたソロパフォーマンス。16位の吉田朱里(NMB48)は人気YouTuberらしく、自身で企画・構成・編集したというミュージックビデオをバックに、曲中で“ジッパー”を下ろして生着替えする「ジッパー」で沸かせた。

 来春をめどに卒業することを表明している10位の北原里英(NGT48)は、前田敦子の卒業ソング「夢の河」をカバーし、指原、横山、NGT48の荻野由佳、本間日陽とともに歌唱。花道で向かい合うと同期の指原は涙をこらえ、“りのりえ”の抱擁に大歓声が上がった。感動の大サビでは北原がこれまで何度も“笑撃”を与えてきた歌唱力を存分に発揮し、会場は爆笑の渦に。スクリーンに映し出されていたタイトルは「北原の河」に変わり、しっかりと笑いをさらった。

 これまでコンサートでピアノやギター、笛に挑戦してきた7位の横山は、和服姿で三味線に挑戦。続けて吉田兄弟の演奏をバックにNMB48の「絶滅黒髪少女」をカバーした。吉田兄弟から3週間指導を受けて練習を重ねてきたという横山は「失敗したんですよ。もうちょっとできたな」と悔しがりながらも、黒髪のメンバーが減ってきたことから同曲を選んだことを明かした。

 6位の須田は「恋を語る詩人になれなくて」のインストゥルメンタルに乗せ、喜怒哀楽の表現力豊かにコンテンポラリーダンスで目を釘付けにし、5位の荻野由佳は「初日」を歌唱後、3週間かけて推し席のファン一人ひとりに手紙を書いてきたことを明かし「本当に本当に、私をアイドルにしてくれてありがとうございました!」と涙声で絶叫。4位の宮脇咲良は欅坂46の「不協和音」をカバーし、HKT48メンバーと渾身のダンスと「僕は嫌だ!」の叫びで沸かせ、3位の松井珠理奈は「赤いピンヒールとプロフェッサー」で1ヶ月練習したというバク宙を成功、2位の渡辺麻友はストリングス演奏とともに自身がかつて所属したユニット・NO NAMEの「この涙を君に捧ぐ」をしっとりと歌い上げた。

 トリは指原が務め、生バンド演奏でNot yetの「週末Not yet」を披露。「総選挙後の感謝祭は最後になるんですが、9年間総選挙に出て、総得票数を数えてみたら109万6400票でした。改めて本当にありがとうございました!」と感謝しきり。最後は選抜メンバーをバックに従え、HKT48のアゲソング「最高かよ」を歌い、指原の煽りと火花の特効も相まって爆発的な盛り上がりに。メンバーも「『最高かよ』って最高かよ!」と大興奮だった。

 アンコールでは、年内で卒業する渡辺麻友のラストセンター曲でAKB48にとって節目となる50枚目のシングル「11月のアンクレット」(11月22日発売)を初披露。まゆゆは「表題でセンターをするのは3年ぶりくらいなんで、ところどころ間違えちゃった。緊張で動揺した。ステージ上にマイクを置いたりとか、最後っぽい演出も入っていますが、気に入ってもらえたら」とファンに呼びかけていた。


http://www.oricon.co.jp/news/2098646/full/


2098646_201710080120262001507461399c.jpg
2098646_201710080120027001507461399c.jpg
2098646_201710080120502001507461399c.jpg





『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート』で通算50枚目のシングル「11月のアンクレット」(11月22日発売)を初披露した。年内に卒業する渡辺麻友にとってはラストシングルであり、最後のセンター曲。マイクを置いて客席に背を向ける演出もあり「ところどころ間違えちゃった。緊張で動揺した」と胸中を明かした。


渡辺にとっては12作ぶり6回目、単独では4回目のセンター曲。コンサートのアンコールで「来月、11月22日に発売になります、記念すべき50枚目のシングルで、私のラストシングルになっています。それでは初披露です。聴いてください。『11月のアンクレット』」と、自ら曲フリした。

 総選挙を辞退したためコンサートには参加していなかった柏木由紀や山本彩ら新曲の選抜メンバーも加わっての初披露。歌い終えてマイクを置き、客席に背を向けたまゆゆは、再びマイクを拾い上げると「うわっ、緊張した!」。横山由依は「なんか悲しいですね」としんみりし、指原も「くるくる回るところが悲しかった」と卒業を実感した様子だった。

 渡辺は「緊張しました。表題でセンターをするのは3年ぶりくらいなんで、ところどころ間違えちゃった。緊張で動揺して。でも、最後の曲でステージ上にマイクを置いたりとか、最後っぽい振り付けも入っていますが、気に入ってもらえたらいいな」とファンに呼びかけていた。

 同曲の選抜メンバーは渡辺のほか、AKB48の入山杏奈、岡田奈々、岡部麟、小栗有以、柏木由紀、加藤玲奈、小嶋真子、高橋朱里、峯岸みなみ、向井地美音、横山由依、SKE48の小畑優奈、須田亜香里、松井珠理奈、NMB48の白間美瑠、山本彩加、山本彩、吉田朱里、HKT48の兒玉遥、指原莉乃、田中美久、松岡はな、宮脇咲良、NGT48の荻野由佳、北原里英、中井りか、STU48の瀧野由美子の計28人。総選挙を辞退したため本公演に出演しなかった入山に代わって、この日は込山榛香が入った。
http://www.oricon.co.jp/news/2098647/full/




img20171008AKB48group2.jpg
img20171008AKB48group3.jpg
2098647_201710080258484001507460574c.jpg

しのぶちゃん755
感謝祭にて
記念すべき50枚目のシングル

そして卒業を控えた渡辺麻友センター曲でもある
『11月のアンクレット』を
初披露させて頂きました。

切なくも柔らかな気持ちになる様なセンターの麻友にぴったりの楽曲で、振り付けも回転しながら立ち位置や形態が変わっていく様で、さながら舞道会みたいだなって思って、衣装は、ゴブラン織りの布地を基調にしたゴシック調にデザインしました。

もちろん、左足にはアンクレットを☺

11月22日発売となります。
是非皆さん、聞いて下さいね~




■『AKB48グループ感謝祭~ランクインコンサート~』第2部セットリスト
01. #好きなんだ/全員
02. 希望的リフレイン/全員
03. パレオはエメラルド/全員
04. メロンジュース/全員
05. ジッパー/吉田朱里ソロ
06. 兆し/高柳明音ソロ
07. Escape/古畑奈和ソロ
08. 言い訳Maybe/本間日陽ソロ
09. 純情U-19/白間美瑠ソロ
10. 1994年の雷鳴/高橋朱里ソロ
11. 夢の河/北原里英ソロ
12. 瀬戸内の声/岡田奈々ソロ
13. あの先の未来まで/惣田紗莉渚ソロ
14. 絶滅黒髪少女/横山由依ソロ
15. 恋を語る詩人になれなくて/須田亜香里ソロ
16. 初日/荻野由佳ソロ
17. 不協和音/宮脇咲良ソロ
18. 赤いピンヒールとプロフェッサー/松井珠理奈ソロ
19. この涙を君に捧ぐ/渡辺麻友ソロ
20. 週末Not yet/指原莉乃ソロ
21. 最高かよ/指原莉乃ソロ
22. 重力シンパシー/全員
23. あなたがいてくれたから/全員
24. 君のことが好きだから/全員
25. それでも好きだよ/全員
【アンコール】
26. 11月のアンクレット/50thシングル選抜メンバー
27. アリガトウ/全員+ランクイン63人
http://www.oricon.co.jp/news/2098646/full/


IMG_1434-550x825.jpg

Amazon検索
渡辺麻友卒業カウントダウン
検索フォーム
選抜総選挙応援サイト
相互RSS
スケジュールカレンダー

予定表は完璧ではありません
記載漏れにお気づきの方は
コメント欄へご連絡くださいm(_ _)m
ブログランキング
まゆゆ応援@練習中は ブログランキングに参加しています
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
スポンサーサイト






Amazon
渡辺麻友写真集









AKB48沖縄水着サプライズ